スポンサーサイト

  • 2016.06.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    雨上がり

    • 2014.06.24 Tuesday
    • 06:37

    先日の日曜日、大阪では久しぶりに雨模様の天気となり、写真も撮れないかな〜と半分諦めていましたが、

    うまいこと出かけているときに雨が上がってくれました輝き

    山の方に出かけていたので山から水蒸気が上がっているところが見え、まるで山水画を見ているかのようでした。



     





    ベニシジミも濡れた翅を乾かしているのは葉っぱの上でジッとしていて動きません。



     





    ツルの先端には今にも落ちてしまいそうな雫がしずく



     





    雨上がりのほんの一時だけの素晴らしい世界でしたDoCoMo






    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村







     

    夕陽に染まる海

    • 2014.04.01 Tuesday
    • 06:55


    岬をめぐった伊勢志摩の夕暮れの景。





    夕陽に染まる伊勢志摩の海、、、波のきらめきが美しかった輝き

     




    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村





     

    大阪平野と夕陽♪

    • 2013.08.22 Thursday
    • 06:29

    私が好きな景色の一つ。

    近鉄奈良線の枚岡駅から石切駅までの間、車窓から大阪平野を見下ろすように見る風景。


     



    ちょうど西を向くことになるので夕陽が沈むころの風景は絶景です

    梅田や大阪ビジネスパーク、難波の高層ビル群にあべのハルカスも見えています。

    天気がいいと遠くは淡路島や明石海峡大橋なんかも見えますよ♪

    こうやってみると大阪って大きな街なんだな〜と改めて思い直しました。

    そして明日もいい一日になりますようにと思わず夕陽を拝んでしまいます





    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村








    山燃ゆる♪

    • 2013.05.18 Saturday
    • 06:59
     

    奈良県御所市と大阪府千早赤阪村の境界にある標高959.7mの葛城山(かつらぎさん)。

    山麓の葛城登山口駅から葛城山頂駅まではロープウェイで約6分です。




    葛城山上駅から徒歩15分ほどで自然つつじ園に到着!

    今年も「一目百万本」とも言われる大和葛城山の自然つつじ園が見頃を迎えましたよ




    読売新聞に見頃を迎えたという記事が載ったようで、この日はすごい人出でした。

    ロープウェイ乗り場ではこの時期の恒例ですが係員の方が次々と訪れる方達へ整理券を配付して

    いました。




    自然つつじ園にはヤマツツジ、モチツツジとその自然交配種であるミヤコツツジの3種が生えていますが

    この燃えるような赤色はほとんどヤマツツジの色です。

    このツツジ達は昭和40年代に一斉開花が起こって枯れてしまったササ類の中に自生していたもので

    人為的に植栽したものではないそうです。


    ほんと、山が燃えているようでした


    PS.今朝の産経新聞(関西版?)に一面にも載っていました!





    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村









    京都、川が織りなす景

    • 2013.05.06 Monday
    • 07:22
     
    ゴールデンウィークにどこにも行かないのもちょっと寂しかったので、京都まで足を延ばしました。

    その際に出会った川が織りなす風景です。


    琵琶湖疎水(びわこそすい)の支流が街の中を網の目のように流れていますが、そんな名もない

    流れの中に真っ白な椿の花が一輪。。。




    近くを探しましたが、椿の樹が見あたらず、、、とても不思議でした。


    この日は休日で友引だったこともあり結婚式が白川(しらかわ)の近くで行われていた様子




    京都らしい新郎新婦のお二人、絵になりますね〜


    京都を代表する河川と言えば鴨川(かもがわ)ですね!




    カップルが等間隔に並んで語らう風景はお馴染みですが、残念ながら一度もその列に加わった

    ことがありません

    この日も嫁さんを誘ってみましたが、断られました




    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村






    忍野八海とセキショウモ

    • 2013.03.10 Sunday
    • 09:38

    先日の東京出張からの帰り、東名自動車道が事故で大渋滞の様子

    中央道から富士五湖を通り御殿場から東名自動車道へ乗ることにしました

    その途中、富士山麓で湧水が素晴らしいという山梨県南都留郡忍野村にある「忍野八海(おしの

    はっかい)」に寄りました。

    ここは「国指定天然記念物」に指定され、また「全国名水百選」にも選ばれており、湧水の清らかさは

    お墨付き




    私が感じたのは湧水の清らかさはもとよりそこに生える水草が素晴らしいということ!

    この水草はセキショウモ(石菖藻)という草で、湧水に長い葉をゆらゆらと揺るがせています。




    流通名「バリスネリア」という水草を以前、水草水槽(アクアリウム)をやっていたときに育てていました

    が、同じ仲間のようです。

    葉は線形で扁平し、株元よりでた走出茎が土の中を横に這い、その先に新しい株を作ります。

    やはり部屋の中で育てているものより自然の中で育ったもののほうが断然素晴らしいと感じました




    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村








    朝焼けと夕焼け

    • 2013.03.01 Friday
    • 07:57
     
    昨日は一昨日とうって変わっていい天気でしたね〜

    出張で東京に慌ただしく行って来たのですが、ホテルからはきれいな朝焼けを見ることが

    できました




    遠くに見えているのは東京ゲートブリッジです。


    そして帰りに見えたのがきれいな夕焼け  




    この橋は名古屋港を東西に結ぶ「名港トリトン」と呼ばれる3つの斜張橋の一つで、その向こうに

    広がる夕焼けがとても印象的でした。




    朝焼けと夕焼け、一日に二度もこんなにきれいな景色を見ることができてラッキーでした




    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村


    薄明光線(はくめいこうせん)

    • 2013.01.13 Sunday
    • 06:56
     
    少し前になりますが、とあるところから夕方に見ることの出来た『天使の梯子(はしご)』です




    『天使の梯子』と言っているのは、正式には『薄明光線(はくめいこうせん)』と呼ばれる気象現象で、

    雲に太陽が隠れている時に雲の切れ間から光が漏れ、太陽の光が放射状に地上へ降り注いで

    見える現象のことを指します。

    秋から冬の早朝か夕方によく見られる現象だそうです。

    物理的に説明は付くようですが、そんな事よりも素直に神々しいと感じていたいです




    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村






    大和葛城山のススキ♪

    • 2012.11.05 Monday
    • 06:52


    標高320mの「葛城登山口駅」から葛城山ロープウェイに乗って約6分間で標高870mの葛城山頂

    駅に到着します。

    ここから標高959mの葛城山山頂までは歩くことになりますが普段から歩いていない者にとっては

    けっこう息の切れる道のりです

    でも樹々の紅葉・黄葉や果実を見ながらの散策は楽しいものです

    まず山頂駅に降り立つと出迎えてくれるのが関西では珍しいブナの大木。




    もうかなり黄葉していました。




    昨年は11月の後半に訪れたためほとんど落葉していたので残念でしたが今年は見事な黄葉を

    見せてくれました。


    約15分ほどで一目百万本とも言われる「自然つつじ園」へ到着!




    真っ赤に燃えたような満開のツツジの時とは違いススキの時期の自然ツツジ園も見事です。




    風に揺れるススキの花穂




    雲間から光が差し込むススキの中の歩経路




    花穂も開いてきているのでススキのいい季節もあと少しでしょうか。。。


    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村







    杣道(そまみち)とホオノキ

    • 2012.11.01 Thursday
    • 07:28
     
    朝の光がヒノキの木立の間から差し込んできます。




    木こりのことを杣人(そまびと)という言い方があります。

    そんな杣人の足下にも及びませんが週末を利用しての森林ボランティア活動で間伐などの手伝いを

    しています。

    その杣人しか通らないような細い山道のことを杣道(そまみち)と言います。




    ここもそんな杣道です。

    その杣道を歩いていると大きな葉っぱが落ちていました。




    ホオノキ(朴の木)の葉っぱです。

    周りを見回すと。。。ありました!






    あまりきれいな黄葉ではありませんが、存在感は抜群!

    もう少しきれいな間に採取できれば朴葉の上に食材を載せる料理に利用できたんですがね〜



    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村











    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM