スポンサーサイト

  • 2016.06.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    日本の原風景

    • 2015.04.16 Thursday
    • 05:51

    かつて日本にはこんな風景がいたるところにあったんでしょう。

    日本の原風景とも言われている京都府南丹市美山町にある「美山かやぶきの里」へ行ってきました。



     





    この美山かやぶきの里は国の重要伝統的建造物群保存地区となっています。



     





    四季を通じて様々な表情を見せてくれるかやぶきの里、今はシダレザクラやミツマタ、水仙などの花に飾られて

    とっても綺麗でした輝き



     





    丸くて赤い郵便ポストもまだまだ現役で頑張っています。



     





    このお店の上に掲げられているパン屋さん(西湖堂パン)はまだ今でもあるのかな。。。

    こんな素晴らしいかやぶきの屋根を見ると桜を主役で撮ろうか、かやぶき屋根を主役にしようかほんと迷います。

    まずは桜を主役の一枚



     





    続いては屋根を主役の一枚



     





    できれば四季を通じて追いかけてみたい所ですが、ちょっと遠いな〜汗




    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村








     

    信州のグルメと土産♪

    • 2015.03.18 Wednesday
    • 06:37

    信州へ行けば美味しい物がいっぱい(^_-)

    昼ご飯にいただいたのは「おぎのやの峠の釜めし」



     





    具だくさんの釜めしが益子焼の土釜に入れられているという点が特徴の駅弁ですね。

    この土釜は食べた後はお持ち帰りできます手

    でも実際に家に持って帰ると置き場、収納場所に困ったりもします汗


    お土産を買う時、旅行客向けのお土産物屋さんに行くこともありますが、地元の方が利用しているスーパーマーケット

    に行くのもいいですね。

    長野県では長野県一帯に展開する食品スーパーマーケット「ツルヤ」がお薦め輝き

    オリジナル商品がけっこう充実しています。

    今回ゲットしたのはそんなオリジナル商品の中から、あの有名珈琲店の丸山珈琲の珈琲豆コーヒー豆



     





    三種類の豆をゲットしましたDocomo_kao14


    次はデザートに良さそうな「ふじりんごゼリー」と「幸水なしゼリー」。



     





    存在感抜群ですね!


    そして最後はやはりこれ!沢屋のジャムです。



     






    厳選された国産生果実を100%使って直営工場で無添加・手造り加工されているのが特徴です。

    他では売ってなさそうな珍しいジャムを買ってしまうことが多くてついつい買いすぎてしまいます汗


    旅行や出張に行くといつもお土産を買いすぎてしまうのですが、帰ってからも楽しめますしなかなか止められないですDoCoMo





    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村





     

    野沢温泉外湯巡り♪

    • 2015.03.16 Monday
    • 06:31

    長野県へ行く用事があったので、それを利用して野沢温泉へ行ってきました温泉

    長野県内ではもう3月中旬だというのに道中にはまだこんな景色が広がっていました。



     





    野沢温泉街には13カ所の天然温泉100%かけ流しの外湯があり、 江戸時代から湯仲間という制度によって守られてきた

    村の人たちの共有財産となっています。

    料金は無料ですが、出入り口にかけられた賽銭箱に寸志を入れるスタイルです。


    今回は野沢温泉のシンボルとも言える「大湯」、熊が発見したという古い湯「熊の手洗湯」、穴場的な「滝の湯」の

    3カ所の外湯に入ってきました。



     




    大湯


     





    熊の手洗湯


     




    滝の湯


     




    滝の湯では誰も先客がいてなかったので中をパチリカメラ


     





    温泉・銭湯と言えばお馴染みの「ケロリン」の湯桶もありましたDocomo_kao14


    滝の湯近くの麻釜(おがま)は野沢温泉にある30ほどの源泉の中心的な泉源地で、以前は大事な生活用品だった

    麻(あさ・お)をここで煮て皮を剝きやすくしたことが名前の由来だそうです。



     




     





    大釜・丸釜・ゆで釜・竹のし釜・下釜の大きな湯だまりで構成される麻釜は野沢温泉の奇勝の一つとして国の天然記念物

    にも指定されています。



     





    この麻釜で作られた温泉たまごを隣のおみやげ物屋さん「黄金屋(こがねや)」でいただきましたおいしい

    1ヶ60円、黄身の部分に冬期限定のキムチ漬け野沢菜、通称「はんごろしキムチ」を載せていただくのが美味らしい。

    その食べ方で食べるとなんとも美味しく野沢菜漬け、野沢菜たまり漬けと合わせてお土産の一つに加えました。

    (280g630円でした)



     





    商売上手なおばちゃん(おねえさん)の作戦にまんまとやられた感じもしますけど汗


    高校時代のスキー合宿を含め、野沢温泉には今までに数回スキーで行っていましたが、こんなに街をブラブラする事も

    なかったので楽しかったな〜DoCoMo





    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村





     

    諏訪紀行

    • 2014.09.22 Monday
    • 07:50

    スカパラのライブ記事のアップで中断していた、信州旅行記の続きですDocomo_kao14

    爽やかな高原を夕方まで満喫した後、上諏訪温泉でゆったりと一泊し、次の日の朝に信州最大の湖である諏訪湖畔を

    散策しました。

    こんな大きな白鳥型の遊覧船がぷかぷか浮かんでいます。


     




    北澤美術館で19世紀末のアール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸の巨匠エミール・ガレやドーム兄弟の名作を

    鑑賞したあと、素晴らしい洋館の昭和3年に竣工した日本最古の温泉保養館「片倉館(かたくらかん)」で千人風呂に

    入りましたよ温泉


     




    知らなければこの建物はどう見ても図書館か美術館と言った感じが。

    まさか温泉施設だとは思わないでしょうね!

    この片倉館の浴槽は深さが1.1mもあり、底には黒い玉砂利が敷き詰められ、水中で歩くと足つぼマッサージのよう。

    そして温泉の後はレトロな館内で休憩です輝き


     




    温泉の後は少しお腹も空いたので”ひと味違う”ことで有名なこんな所へおいしい


     




    このタケヤ味噌の工場内に併設されたタケヤ味噌会館ではこんなに具だくさんで100円の豚汁と名物?の

    ごまみそソフトクリームを戴きました。


     



     

     




    さて、お腹も少し落ち着いたところで諏訪探訪のメインイベントでもある諏訪大社の下社秋宮、下社春宮に参拝ですお願い

    下社秋宮は神楽殿の大注連縄が迫力満点でとっても印象的でした。


     



     




    秋宮境内にそびえる樹齢600年とも700年とも言われる「根入りの杉」も天を覆うばかりの迫力です!


     




    春宮境内にも「結びの杉」と言われる幹が二又に分かれた杉があります。



     




    そして諏訪大社で天に向かっているものがもう一つあります。

    社殿の四隅に建てられた樹齢約200年の樅(モミ)の御柱で、直径約1m長さ約17m重さは約10tにもなります。



     




    そして秋宮、春宮を後にして向かったのが岡本太郎氏も絶賛したという「万治の石仏(まんじのせきぶつ」。

    ここには春宮から徒歩で5分ほどで着きます歩く

    ユーモラスな石仏で見ているだけで癒されそうですよDoCoMo



     



     



    「よろずおさまりますように」と心の中で三回唱えると願いが叶うとか。

    旅の安全を祈り諏訪を後に帰路につきました。







    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村








     

    思い出のビーナスライン

    • 2014.09.20 Saturday
    • 08:55

    高遠へ寄った後、蓼科に宿泊。

    次の朝はビーナスラインを美ヶ原高原へ向かいます!



     




    二十歳過ぎのころ一度訪れたことがあるビーナスライン、その頃はたしか有料だったはずですが現在は全区間無料

    なんですね!

    白樺湖周辺では爽やかな風が吹き、早くも風にススキがたなびいていました。



     





    それから名前にもついている白樺林!



     




    この幹肌はほんと魅力的です輝き


    途中、400種以上の亜高山植物が息づく日本最南端の高層湿原の八島ヶ原湿原で長い時間を過ごしてしまいました。



     



     




    この八島ヶ原湿原に息づく植物たちはたくさん撮りすぎて整理が間に合っていません汗


     




    それはまた旅行記とは別に後日紹介したいと思います。


    標高2000mの美ヶ原高原に着いて訪れたのは約350点の現代彫刻を高山植物も咲き誇る4万坪の敷地に

    展示している美ヶ原高原美術館です。



     





    高原を吹く風は涼しいと言うよりも寒いくらいで、今シーズン初めてダウンベストを着て見て回りました。

    雲が眼下に見えるような高地で鑑賞する彫刻の数々、風と光りが刻々と変化し、それを受ける彫刻に生命が宿っているかの

    ような感じを受けます。



     




     

     







    今にも音楽が聞こえてきそうな彫刻や


     





    思わず笑ってしまいそうになるユニークな彫刻も!



     





    この美術館には今回二度目の訪問でしたが、また時期を変え訪れてみたいと思っていますDoCoMo






    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村

     




     

    「天下第一の桜」を訪ねる

    • 2014.09.19 Friday
    • 06:52


    妻籠宿(つまごじゅく)から次に向かったのは「天下第一の桜」とも称される高遠(たかとお)城址公園。



     




    この高遠城址公園には樹齢130年を越えるものも含め約1500本ものタカトオコヒガンザクラ(高遠小彼岸桜)が

    植えられています。

    もちろんマンホールのデザインも桜です!



     




    タカトオコヒガンザクラはやや小ぶりで赤みを帯びた一重咲きの桜で、エドヒガンとキンキマメザクラの雑種である

    コシノヒガン(越の彼岸)の一系統であるとされています。

    天正10年(1582年)伊那谷で織田軍と戦った武田信玄の五男である仁科五郎盛信以下二千人の家臣たちが流した

    血によって桜の花が赤いとも言い伝えられているそうです。

    そのような伝説を持つタカトオコヒガンザクラですが、残念ながら寄せる年並みには勝てず痛みも目立ちます。



     




     





    そんな桜たちには若返り策、保護策も採られているようですがこの先ちょっと心配な桜たちでした。

    桜の花の時期ではありませんでしたが、目を閉じて満開の桜をしばし思い浮かべていました さくら


    そんな高遠城址公園でサトイモ科のカラスビシャク(烏柄杓)を発見しました。


     





    雑草として普通に生えると図鑑には書いていますが、実際に見たのは昨年旅行で訪れた花巻など数カ所しかありません。

    またゲンノショウコの花と、その別名でもある御輿草の名前の由来にもなった種子を巻き上げている姿を観察しました。



     




     





    何処へ旅行に行っても有名なお店や観光スポットよりも樹木や道端の野草たちがどうしても気になってしまいます汗






    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村








     

    中山道木曽路をゆく

    • 2014.09.18 Thursday
    • 06:52

    先週末の連休に信州(蓼科・諏訪)への旅を思い立ったのですが、いつもは中央自動車道で一気に信州へ向かうところを

    各駅停車の旅のように中津川ICで高速道路を降りて中山道木曽路を宮ノ越まで北上し、権兵衛トンネルを通り伊那方面へ

    抜け高遠から茅野へと向かいました 車ぴのこ:)

    しばらくその旅レポートと出会った植物の話を続けますDocomo_kao14


    まずは秋の味覚の一角を占める「栗」で有名な岐阜県中津川市へ。


     




    中津川の駅前には「栗きんとん発祥の地」の碑が建っています。
     


     




    そして中津川の特産品情報がたくさんの「にぎわい特産館」へ!

    その目的はこれ ↓



     




    にぎわい特産館で限定販売されている人気和菓子店14店舗が協力して出来上がったという「栗きんとんめぐり」輝き

    7店舗の栗きんとんが一つづつ詰め合わさった「風流」と「ささゆり」の2種類があり、今回は「ささゆり」をチョイス!

    旅のお供として購入しました。



     




    どれもこれも美味しいのでどの店が一番とは言えませんねおいしい


    その後、駅前の喫茶店のオーナーさんに教えて頂いた「落合の石畳」へ向かいましたが、途中の田んぼには刈り取られた

    稲が杉丸太に稲架掛け(はざかけ)され干されていました。



     




    「落合の石畳」は美濃の落合宿と木曽の馬籠宿を結ぶ難所の十曲峠に敷き詰められた自然石の石畳。

    当時の石畳と、それに会わせて復元された石畳が800mに渡り整備されています。


     





    この石畳を歩けば当時の旅人は大変だったんだろうな〜と当時を忍ぶことが出来ますよ。


    そして江戸と京を結ぶ中山道69宿のうちで日本橋から数えて43番目の宿である「馬籠宿(まごめじゅく)」へ!



     




    坂の街と言った感じで両側には復元された古い家並みが並びます。



     




    ここではわらじ形ではなく団子形をした五平餅が有名と言うことでそれを戴きました。



     




    馬籠宿は連休中ということもあってか、すごい人出だったのでそれに圧倒されてすぐに退散しました汗


    次に向かったのが日本橋から数えて42番目の宿である「妻籠宿(つまごじゅく)」。

    妻籠宿は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された江戸時代にタイムスリップしたような町並みが続きます。


     



     




    妻籠宿の方はまだ人出も少なく落ち着いて散策ができましたDoCoMo


     




    旅の安全を祈ってくれているかのようなお地蔵さん。



     




    お店には大きな毬付きの栗が売っていましたよ!




     





    続きはまた次回に。







    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村







     

    百周年記念♪

    • 2014.06.28 Saturday
    • 08:11

    先日紹介した南海電鉄の関空特急ラピートは運行開始20周年でした。

    なんとその5倍の100周年を記念した列車が今、大阪の街を走っています。

    大正3年(1914年)に開業した近鉄奈良線は今年で100周年Docomo109

    その100周年を記念して当時のデボ1形車両の塗装色で彩られた車両(ヒストリートレイン)が近鉄奈良線で

    走っているんです。


     




     




     




    中吊り広告はなく奈良線100年の歴史を振り返るポスターが吊られています。


     




    木造で味わいのあるデボ1型車両が当時の姿で走ってくれたらどれだけ遅くても乗ってみたいな〜DoCoMo






    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村







     

    青と赤

    • 2014.06.20 Friday
    • 07:44

    大阪でミナミと言えば難波のこと。

    ちなみにキタと言えば梅田のことです。

    そのミナミから関西国際空港(関空)までは南海電鉄の特急ラピートで約40分で行くことができます。

     ラピートとは速いという意味のドイツ語で、青い車体と航空機のイメージからとられた楕円形の窓がトレードマークで

    けっこう人気もあります。


     

     




    ガンダムのファンの方ならとっくにご存知でしょうが機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」の公開と

    特急ラピートの運行20周年を記念した「特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」という真っ赤になったラピートが

    期間限定で今、走っています!

    といっても私はガンダムについての知識はほとんどゼロ汗

    とりあえず話題になっているのでその「赤いラピート」に乗ってきました。


     

     



    特別車両の5号車には登場人物の専用席も輝き


     

     

     




    私はガンダムにはまったく疎いのでよくわかりませんが、ファンにはたまらないようです。

    運行は6月いっぱいのようなのでファンの方はお急ぎ下さいねDocomo_kao14





    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村











     

    花に囲まれて♪

    • 2014.06.01 Sunday
    • 07:45

    花に囲まれたお地蔵さん花

    お地蔵さんは「子供の守り神」として信じられていて、私の住んでいる町でも地蔵盆などの行事が行われます。

    また道祖神信仰と結びついて町の外れや辻などに「町の結界守護神」として祀られていることも多いですね。

    このお地蔵さんは帽子やよだれかけを掛けてもらい花に囲まれとても気持ちよさそうにしてましたDoCoMo


     



                                           倉敷にて



    地域の人達に愛されているようすがよくわかるお地蔵さんでしたDoCoMo
      

     


    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村
     








     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM