スポンサーサイト

  • 2016.06.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    思い出のビーナスライン

    • 2014.09.20 Saturday
    • 08:55

    高遠へ寄った後、蓼科に宿泊。

    次の朝はビーナスラインを美ヶ原高原へ向かいます!



     




    二十歳過ぎのころ一度訪れたことがあるビーナスライン、その頃はたしか有料だったはずですが現在は全区間無料

    なんですね!

    白樺湖周辺では爽やかな風が吹き、早くも風にススキがたなびいていました。



     





    それから名前にもついている白樺林!



     




    この幹肌はほんと魅力的です輝き


    途中、400種以上の亜高山植物が息づく日本最南端の高層湿原の八島ヶ原湿原で長い時間を過ごしてしまいました。



     



     




    この八島ヶ原湿原に息づく植物たちはたくさん撮りすぎて整理が間に合っていません汗


     




    それはまた旅行記とは別に後日紹介したいと思います。


    標高2000mの美ヶ原高原に着いて訪れたのは約350点の現代彫刻を高山植物も咲き誇る4万坪の敷地に

    展示している美ヶ原高原美術館です。



     





    高原を吹く風は涼しいと言うよりも寒いくらいで、今シーズン初めてダウンベストを着て見て回りました。

    雲が眼下に見えるような高地で鑑賞する彫刻の数々、風と光りが刻々と変化し、それを受ける彫刻に生命が宿っているかの

    ような感じを受けます。



     




     

     







    今にも音楽が聞こえてきそうな彫刻や


     





    思わず笑ってしまいそうになるユニークな彫刻も!



     





    この美術館には今回二度目の訪問でしたが、また時期を変え訪れてみたいと思っていますDoCoMo






    にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
    にほんブログ村

     




     

    スポンサーサイト

    • 2016.06.15 Wednesday
    • 08:55
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      お早うございます
      雄大な大自然の中をドライブ、爽快ですね。
      自然の中の彫刻、感覚が変わり、受け止め方も違うことでしょう。
      八島ヶ原湿原、訪ねてみたいですね、
      四季折々の植物を観察出来るのでしょうか、
      やっぱ春でしょうか、季節を迷います。
      大阪のおっちゃんさん、こんにちは。
      爽快なドライブが楽しめました♪
      この屋外彫刻美術館はスケールも壮大で
      素晴らしいです。

      八島湿原は春では早すぎだと思います。
      たぶん枯れ草を見ることになるでしょう^^;
      訪ねるのに一番いいのはニッコウキスゲが
      咲く7月頃かも。
      秋もまたいいとは思いますよ。
      • マングース
      • 2014/09/20 2:46 PM
      八島ヶ原湿原は素晴らしいですね〜
      岐阜県にも飛騨方面には湿原も多くありますが岐阜市近郊には無いので車を飛ばして見に行かないと見られないです〜><
      そう言えば大阪には湿原って無かったですね?

      これからアップされる写真が楽しみになりました・・・・・(#^.^#)
      shizenkazeさん、おはようございます。
      高層湿原の素晴らしさが十分に満喫できる八島ヶ原湿原、
      ほんと素晴らしいです!
      できればもっとゆっくり回りたかったのですが、その先にも
      行かないとダメだったのでなくなく途中で引き返しました^^;
      大阪には湿原は残念ながらないと思います。
      かつてはため池なども多く、湿性植物がもっとあったのですが
      開発により埋められたようですね。。。
      高原の美術館は気持ちよさそうですね。野外の作品も見て回る人も。
      高山植物のUPを楽しみにしています(^_-)
      • nenemu8921
      • 2014/09/22 9:29 PM
      nenemu8921さん、おはようございます。
      とっても気持のいい美術館でした。
      このスケールと立地を美術館という名前で呼ぶのが適当なのか
      も考えされられます。
      高山植物もボチボチとアップするのでお付き合い下さい♪
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM