スポンサーサイト

  • 2016.06.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    リョウブの花♪

    • 2015.07.14 Tuesday
    • 06:14

    今では考えられないことですが飢饉に備えて、その若葉を食料にするために法律(令)にて植えさせたという樹木が

    リョウブ科リョウブ属のリョウブです。

    花は7〜8月頃、枝先に白い直径5〜6mmの小花を総状花序に密生させます。



     





    花冠は深く5裂しますが蜜の量が豊富なのでたくさんの虫たちがやってきます。




     






    最近の庭は家が洋風になってきたこともあって仕立て松や槇は流行らず、軽やかな落葉樹が好まれています。

    このリョウブも幹肌がサルスベリのように薄く剥がれてモザイク画のように美しいのでお薦めの樹種ですねDocomo_kao14





    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村






     

    スポンサーサイト

    • 2016.06.15 Wednesday
    • 06:14
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      お早うございます
      リョウブの葉、食べられるのですか、
      飢饉への備え、まじめに考えられた時代があったなんて、、、
      一度試食しなくてはいけません 笑
      飢饉のために植林を勧めた樹木がこのリョウブでは実際には大した事にはならなかったでしようね
      他にもっと天変地異に強く味も良く栄養のバランスやカロリーの高いものがあるのにと今だから思えるのでしょうか?

      大阪のおっちゃんさん、こんばんは。
      食べられるようですけど、どれだけ役に
      立つんですかね。
      食べ方、誰に教わろうかな^^
      shizenkazeさん、こんばんは。
      今と昔ではだいぶ感覚が違うんでしょうね。
      今なら誰もこんな葉っぱ食べようと思わないでしょうね^^
      リョウブも《かてもの》ですね。
      この樹は神社、仏閣に植えられていることが多いですね。
      東北の友人に言わせると、やっぱりウコギの方が美味しいそうですよ(^_-)-☆
      • nenemu8921
      • 2015/07/16 1:28 AM
      nenemu8921さん、おはようございます。
      現代の飽食の時代と違い、飢饉などで
      多くの人命が失われる時代にはリョウブも
      今とは違った位置付けだったんですね。
      >やっぱりウコギの方が美味しい
      やはり美味しい山菜と言えばウコギ科ですね^^
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM