スポンサーサイト

  • 2016.06.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    白花ホトトギスの種まき

    • 2012.03.15 Thursday
    • 07:54
     
    秋に白く清楚な花をつける白花ホトトギス

    白花ホトトギスを庭で栽培されているミューさんからその種子を送って頂きました



    白花ホトトギスの種子は一つの鞘(さや)の中に百粒以上は入っていそうです。

    大きさは2mm程度の平たく小さな種でした。

    採り蒔き(とりまき)でも良いんでしょうが、冷蔵庫に保管して春になってから蒔くことにしました。

    そして先日その種まきを行いました。




    セルトレーと言われる種まき用の黒い容器、種まき用の培養土、自分でブレンドした用土(硬質鹿沼

    土+硬質赤玉土+桐生砂)の2種類の用土を用意しました。

    セルトレーに2種類の用土を入れ(ホトトギスがどのような用土を好むのかわからないので条件のか

    なり違う用土を試しています)水やりをして水分を吸わせ、しばらく置いておきます。

    種まき用の培養土にはピートモスやパーライトなどが多く含まれ柔らかい感じなので1つの区画に

    3つ窪みをつけ、その中に1〜3粒ほどの種を蒔きます。

    自分でブレンドした用土は硬めでうまく窪みがつかないので、そのまま種を蒔き、土の粒子の隙間に

    種が入るようにします。




    種まきが終わればほんの薄く覆土を行い、再び水やり




    あとは様子を見て乾燥しすぎないようたまに水やりを行い芽が出るのを待ちます


    さてさてうまく芽が出てくれて、我が家の過酷な環境でうまく育ってくれるでしょうかね〜?


    スポンサーサイト

    • 2016.06.15 Wednesday
    • 07:54
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      お早うございます
      白花ホトトギスの種子を蒔く、何とも夢を感じますね、
      芽を出し、育つ楽しみ、開花までの楽しいこと、
      どんなお花なのでしょう。
      おはようございます。

      白花ホトトギスは未見なのですよ。。
      清楚な感じで素敵なお花ですね〜 
      綺麗なお花を咲かせるのもご苦労があってこそですね。
      その分 喜びも大きいと思いますが・・
      これから成長の過程が楽しみです^^ いつ頃芽が出るのかワクワクです〜♪
      大阪のおっちゃんさん、こんにちは。

      白花ホトトギスはホトトギスの花の特徴でもある
      赤紫色の模様がありません。
      真っ白で林床に咲いている姿がとてもきれいです^^

      久しぶりに種まきからの育苗なのでうまくいくかどうか・・・

      ぼちぼち楽しみながら育ててみます!
      • マングース
      • 2012/03/15 12:41 PM
      かのんさん、こんにちは。

      未見ですか、、、なかなか清楚で美しい花ですよ。
      実物を見ることができればいいんですがね〜^^

      最近仕事も忙しく園芸活動も停滞気味だったんですが、
      これをきっかけに楽しみが広がればと思っています!

      うまくいけばこの続きもアップしていきます。
      なければ失敗ということで^^;
      • マングース
      • 2012/03/15 12:49 PM
      ワー、丁寧に蒔かれたのですね。
      庭では種が飛んで、勝手に生えて来るほどなので、発芽はし易いと思うのですが、沢山蒔かれたのですね。
      もし出てこなかったら、株もありますので、おっしゃって下さい。

      ↓奈良では、少し歩くと歴史を感じる場所がありますね。
      関東から何度も奈良に来られる方がいらっしゃいますが、見尽くせないでしょうね。
      僕は花ではなく、野菜の種を先日蒔きました。
      (なんという現実主義)
      しかし、花にしろ野菜にしろ、育てるのは楽しい
      ですよね!ちょっと今年は寒いので遅れ気味では
      ありますが・・・
      • nao
      • 2012/03/15 4:58 PM
      ミューさん、こんばんは。

      送って頂いた白花ホトトギスの種、やっと播ける時期になり
      ました。
      取り蒔きでも良いのかもしれませんが一番確実な方法で挑戦
      してみます^^
      この続きの報告ができれば良いんですが(^o^)

      奈良、京都そして大阪も含めると、こちらに住んでいても
      到底回りきれません^^;
      日本の歴史の中に暮らしているようなものですからね!

      • マングース
      • 2012/03/15 7:40 PM
      naoさん、こんばんは。

      家庭菜園も楽しいですよね(^_-)
      我が家では子供が小さかった時には収穫の喜びを味わせよう
      と鉢植えの樹ですがほとんどを果樹にしていたこともありま
      した。
      それにトマトやジャガイモなんかも^^
      結構、親の方が楽しんでました(^_-)

      • マングース
      • 2012/03/15 7:45 PM
      今までに何度も思ったり感じた事がありましたが今日の『種蒔』でまた思い出しました〜^^
      市販の種を買うと袋の裏などに撒く時期や土の深さなどが書いてありますね・・・・・
      向日葵でも秋桜でも同じですが自然に咲いていた花が実を付け枯れて種を下にこぼしたものが春になると芽が出てまた再び花を咲かせます・・・・・
      これは人の種蒔で言えば直播きので蒔く季節も深さも関係ないのにちゃんと立派に咲きますから園芸用の植物って『過保護』過ぎるのではないのでしょうか?
      鳥や虫達に食べられないために埋めるのなら別でしょうが・・・・・^^

      私が堤防でニホンアブラナとカントウタンポポを育てているのは全部直播きです〜〜^^
      自然風さん、こんばんは。

      確かに過保護すぎかもしれませんね。
      ただ園芸用植物は自生地と違った環境で育てている場合は
      播種時期を考える必要があるでしょうね^^

      あと発芽率も違ってくるとは思います。
      自生地などでは数万の種子から数本しか発芽しないものでも
      園芸的な種まきでは数万の種子からその90%の苗を得るこ
      とも可能でしょうからね(^_-)

      覆土の深さもたぶん自生地などでは土の粒子の隙間の深くに
      落ちた種子がよく発芽するものもあれば、光が必要で表面に
      落ちた種子が発芽するものなどいろいろなのでしょう。
      その最適条件に適った種子のみが発芽し、残りの大多数は
      発芽できずに終わるんだと思います。

      発芽に最適な場所にたどり着く種子の割合は少ないでしょう
      が、それを人間がコントロールしてあげればたくさん発芽
      してくれるでしょうね^^
      • マングース
      • 2012/03/16 12:19 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM