スポンサーサイト

  • 2016.06.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    植物学習図鑑

    • 2012.09.24 Monday
    • 08:18
     
    秋の夜長に読書は良いものですよね!

    植物関係の本には目がなくていろいろと集めているのですが、先日富田林の雑貨屋さん(本屋さん

    ではありません)で見つけた古書がこちら ↓




    「植物学習図鑑」 神戸伊三郎著 

    昭和24年発行の図鑑でお値段¥300

    本の状態はさておき、内容は素晴らしいですし、今とは分類法などが違うところもありますが、逆に

    当時の考え方などがわかり面白いです。


    ”本書を通読すると植物の分類・形態・生態・発生・変異・人生との関係などがよくわかる”とのこと!

    中はこんな感じです ↓






    シソ科とキツネノマゴ科の違いなども詳しく書かれています。




    確かに植物体の構造や分類方法など写真中心の図鑑ではなくイラストというのがわかりやすい

    です。


    こんな味のある本が本屋さんではなく何故か雑貨屋さんに置いているというのが不思議です。

    また掘り出し物を探しに行かないと









    スポンサーサイト

    • 2016.06.15 Wednesday
    • 08:18
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      昭和24年??
      かろうじて、まだ生まれてません(笑
      イラスト、ほんと分かりやすいですねぇ〜〜

      掘り出し物って本に限らず
      掘り出した時はとても嬉しいです。
      マングースさんの次のお宝、楽しみですo@(^-^)@o。ニコッ♪
      良いものを手に入れましたね〜^^
      写真だけの図鑑よりイギリスなどの精密画の図鑑は素晴らしいですね・・・・・
      図鑑ではないのですが写楽等の浮世絵の下書き等を纏めてある本の中に植物やら魚や動物の絵がありますが中には『似て異なもの』もありますが素晴らしいものも書かれていますよ〜^^

      私は学生時代に化石(大垣市金生山ペルム紀)の精密画を何枚も書きました・・・・・
      多分まだ高校の地学室の資料の中に保管されているかも?^^
      凛々さん、こんにちは。

      私もまだまだ形すらない時代の本です(^o^)
      数枚カラーのページが挟まってますが、きっとカラー
      は貴重だったんでしょう^^

      掘り出しものの本、物に出会った時はほんとうれしいです!
      次は何に出会えるか楽しみです(^_-)
      • マングース
      • 2012/09/25 11:52 AM
      自然風さん、こんにちは。

      最近は写真中心の図鑑が多いですが、イラストはイラスト
      の良さがあります^^
      浮世絵にもその当時の植生がよく解るものが多いですね。
      シーボルトの日本植物誌のイラストも素晴らしいです(^_-)

      自然風さんの精密画、見てみたいです♪

      • マングース
      • 2012/09/25 12:11 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM