スポンサーサイト

  • 2016.06.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    桜の本”桜伝奇”

    • 2011.05.12 Thursday
    • 07:03
     
    今年の関西地方での桜の季節はひとまず終了。

    一昨日からの雨で最後までがんばっていた桜の花もかなり散ってしまったようです


    桜は若葉・紅葉も楽しめますし、巨木となればその姿を眺めるだけでも何か感じるものがあるのです

    が、また来年の花を楽しみにそれまでの間は桜に関する書籍を読み、会いたい気持ちを高めるのも

    いいものです。


    いままでもブログの中で紹介してきた書籍もありますが、それ以外で私が読んだものを「桜の本」とし

    てこれから何冊か紹介したいと思います。




    「桜伝奇(さくらでんき)」 牧野和春(まきのかずはる)著 工作舎 1994年2月10日発行


    この本はジャーナリストである著者が日本人の心と桜との関係を探るために日本各地の桜を尋ね歩

    き、その桜と人々にまつわる物語を綴った書です。


    喜びの桜、悲しみの桜、勇気を与えてくれる桜、故郷の思い出の桜 ・・・


    偶然であった時の喜びも捨てがたいものがありますが、このような物語を知ってから桜に会いに

    行くと、その桜から受ける感動や思いは何倍にもふくれあがりますよ



    第1章 真鍋の桜(茨城県)

    第2章 根尾谷 薄墨桜(岐阜県)

    第3章 醍醐桜(岡山県)

    第4章 山高神代桜(山梨県)

    第5章 石部桜(福島県)

    第6章 荘川桜(岐阜県)

    第7章 常照皇寺の九重桜(京都府)

    第8章 伊佐沢の久保桜(山形県)

    第9章 高麗(こま)神社のしだれ桜(埼玉県)

    第10章 株桜(東京都)

    第11章 三春 滝桜(福島県)

    第12章 狩宿の下馬桜(静岡県)



       

    スポンサーサイト

    • 2016.06.15 Wednesday
    • 07:03
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      やっぱ話が合いますね〜!!(笑)

      僕もね、本をいろいろ物色しておるトコなんですよ。
      この本、よさげですね!!(^.^)是非リストアップさせ
      ていただきますね。
      相変わらず桜男行状はありません(苦笑)

      昨日、神戸の岡本にある笹部邸跡地の岡本南公園に
      行ってきました。またアップします!!(*´▽`*)
      • nao
      • 2011/05/14 6:18 PM
      是非読んでみて下さい!
      他にもいい本はありますのでこれからもボチボチとアップしていきます。
      岡本南公園楽しみに待っています(^^)
      • マングース
      • 2011/05/14 9:41 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM