スポンサーサイト

  • 2016.06.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    お待ちしています!

    • 2015.07.10 Friday
    • 06:45

    数年前に我が家にやってきたセイヨウニンジンボク(西洋人参木)。

    蝶がたくさんやってくるという落葉低木です。

    葉っぱは小葉が3〜5枚の掌状複葉でとっても軽やかな印象です。

    7〜8月頃、枝先に円錐花序を伸ばして淡い紫色の小さな花を多数咲かせてくれます。



     





    開花した姿も可愛いですけどツボミの時の方が好きな感じです。



     





    我が家のセイヨウニンジンボクもそろそろ開店準備が整いましたので蝶さんたちの来店を心からお待ちしております笑い





    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村









     

    成っていました!!

    • 2015.07.09 Thursday
    • 06:39

    オリーブは一品種だけ植えていてもなかなか実を着けない他家受粉性の植物です。

    実を付けるためには2品種以上植える必要があるのですが、我が家にはスペースの関係もあってずっと一本だけ

    植えています。



     






    まあ、この葉っぱの雰囲気が好きなので果実が成らなくてもいいと思っているのもあるんですけど。。。

    そして案の定、花は咲けどもまったく実ることがありませんでした。

    今年も花を咲かせているのはわかっていたのですが、どうせ実は成らないと諦めていましたが、先日一番低い枝の先端に

    直径1cmほどの丸い緑の果実を発見輝き



     






    初めての果実、そしてたった一つだけDoCoMo

    この先、大きく育つかはわかりませんけど記念すべき果実の発見でしたDocomo_kao14





    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村






     

    ナンキンハゼの花

    • 2015.07.08 Wednesday
    • 08:03

    ナンキンハゼは秋の紅葉、白い果実も美しい落葉高木で公園や街路樹にもよく植えられてますね。

    果実はとってもよく目立ちますが花はどうか。。。

    実はちょうど今、ナンキンハゼの花が咲いています輝き



     





    ナンキンハゼの花は枝先に長い穂状の花序を付けますが、確かに花を観賞するような感じではなく地味な花です。

    穂のように見えるのは雄花で、その基部付近に数個の雌花が付きます。



     





    雄花に先だって雌花が咲きます。

    この花はもう雌花は咲き終わり、雄花が咲いている状態でした。

    咲く時期をずらすことで自家授粉を避けているんでしょうか。

    自然の仕組みはほんとよくできていますね!





    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村





     

    雨の日の必需品!

    • 2015.07.06 Monday
    • 06:29

    今年の梅雨は梅雨らしい梅雨でほんとによく降りますね雨

    雨は降るべきときに降っておいてもらわないと困りますが、いろんなイベントをされる方にとっては対応が

    大変だと思います。

    突然の雨にも対応できるように私も携帯用の傘をいつもカバンに入れていますが、できれば撥水加工のしっかりとした

    そして強い風にも負けない傘がありがたいですねDocomo_kao14

    でもそうなると骨組みもしっかりしていて重くなったり、軽さを求めるとけっこう高かったりするので悩むところです。


    自然界でも傘にしたい葉っぱがありますね!

    その第一候補がこの蓮の葉っぱ。



     





    大きさも撥水加工も抜群です輝き

    その正反対がキク科のヤブレガサ(破れ傘)、名前からしてちょっとね〜。




     






    葉っぱの切れ込みも深くて雨が素通りしてきます。

    しかもこんなに虫食い状態の葉っぱでは。。。

    ちょっと役に立ちそうにありません汗





    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村







     

    バタフライガーデン

    • 2015.07.04 Saturday
    • 06:23

    バタフライガーデン。。。直訳すると”蝶の庭”ですね。

    蝶が吸蜜に訪れたり、幼虫が餌にする草(食草)をたくさん植えた庭をそう呼んでいるようです。

    幼虫は苦手という方も多いでしょうけど幼虫がいなければ成虫もいないわけですからね〜。

    我が家にも鉢植えのミカンの樹があるんですが消毒もなにもしないので毎年アゲハチョウがやってきて葉っぱに卵を

    産みつけ、孵化した幼虫によって葉っぱはすべて食べ尽くされます。

    ある意味バタフライガーデンのようなものかもしれませんDoCoMo


    さて、バタフライガーデンになくてはならない植物がこのブッドレアでしょうか。



     





    香りと蜜が豊富なためにチョウが好む花の代表です。

    この日もアオスジアゲハやキマダラセセリが吸蜜に訪れていました!



     



     





    これだけたくさんの花が咲いていたら蜜の奪い合いでケンカする必要もなさそうですDocomo_kao14





    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村










     

    エゴノキとハクウンボクの果実

    • 2015.07.03 Friday
    • 07:02

    5月4日に紹介したエゴノキとハクウンボクの花、その花たちがいま、果実へと成長していってます。




    エゴノキの果実
     




    ハクウンボクの果実
     






    どちらもエゴノキ科エゴノキ属の植物なので花も似ていましたが、果実もよく似ています。

    ひとまわりハクウンボクの方が大きいのは花の時と同じですねDocomo_kao14

    釣り鐘のように枝から垂れ下がるように成る果実の姿、とっても可愛いですねDoCoMo

    もう少し成熟すると果実も丸みを帯びてくるはず。。。そんな姿を拝めるのもあと少しです!





    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村





     

    一人っ子から三つ子まで

    • 2015.07.02 Thursday
    • 06:47

    葉っぱの上にできた大きさ7〜8mmほどの緑色〜黒色の果実。



     





    とてもユニークな姿を見せてくれているのはミズキ科のハナイカダ属のハナイカダ(花筏)です。

    ハナイカダは雌雄異株(しゆういしゅ)の植物で、葉っぱの上に花を咲かせるという独特の性質があります。

    花は5月頃に咲きますが、その後、雌株は黒く熟す果実をつけます。

    よく見てみると葉柄から果実までの葉脈の主脈は太く、花柄が葉っぱに合着したということがわかります。

    普通は果実はひとつですが、まれに双子の果実も!



     





    そしてさらに探してみると。。。三つ子までいてましたDocomo_kao14



     





    四つ子、五つ子、六つ子なんかも探せばいてるかもDoCoMo




    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村









     

    蓮の季節♪

    • 2015.07.01 Wednesday
    • 06:24

    蓮の花の季節がやってきました輝き

    まだ固いツボミはキリッと先を尖らせて



     





    咲く直前のツボミはまるで桃のよう



     





    そして待ちに待った開花



     





    花の中では虫たちも大喜び




     





    もう咲き終わった気の早い花は若い果実となっています!




     





    まだまだこれからが蓮の花の季節、また会いに行きたいな〜DoCoMo






    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村







     

    食虫植物2種

    • 2015.06.30 Tuesday
    • 07:23

    先日紹介したサラセニアも食虫植物として有名ですが今日紹介する2種もそれに負けず有名です。

    ウツボカズラ科のウツボカズラは分泌液で虫を捕虫袋の中に誘い込み、その中に落ちた虫を消化液で消化するという

    食虫植物です。



     





    虫は捕虫袋の中に落ちるとツルツル滑って中から出ることができない仕組みになっています。




     



     



    フタのようなものは雨などが入って消化液が薄まるのを防いでいるんでしょうかね〜。


    もうひとつはモウセンゴケの一種。

    コケと名前には着いていますがコケの仲間ではなくモウセンゴケ科の草本植物です。

    その特徴は葉っぱの縁や表面に生えている繊毛から消化酵素を含む粘液を出して、その粘着力で獲物(小さなハエなど)

    を捕らえ、その後、養分を消化吸収するまで獲物を落とさないように葉が巻き込むように曲がることです。




     


     



     




     

     






    繊毛から出る粘液はアップで見るとキラキラと美しいですね輝き




    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村
     






     

    暑いときには。。。

    • 2015.06.28 Sunday
    • 08:01

    このところ梅雨空が続きカラッとした青空を見ていませんね。

    しかし梅雨が明ければ強い日射し戻ってきます晴れ

    日射しのそんな時には木陰に入れば涼しいものです。

    トチノキは葉っぱも大きいですし効果も抜群です葉っぱ




     






    トチノキの葉っぱは掌状複葉(しょうじょうふくよう)で小葉は5〜9枚着き、中央の小葉が最も大きくて長さは30cm

    にもなります。

    同じような感じを受けるホオノキは枝先に大きな葉がまとまって付きますが単葉です。

    トチノキ、ホオノキ共にこれからの暑い季節に活躍してくれそうですねDocomo_kao14






    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村










     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM